So-net無料ブログ作成

WHOの飲料水中の放射性物質含有基準は1Bq/kg [安全対策]

水道水は安心して飲めるの? 基準越えも「ただちに悪影響なし」

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110322/dst11032217010042-n1.htm

「Q 放射能性物質は、これまでどこで見つかったのか?

 A 福島県飯舘村の簡易水道から基準値の約3倍に当たる
 1キログラム当たり965ベクレルの放射性ヨウ素が検出されたことが
 21日の厚労省の発表で分かった。
 福島市や前橋市などの水道水からも微量の放射性物質が見つかっている。

 Q 基準値はどうやって決まったのか?

  A 原子力安全委員会が定める「飲食物摂取制限に関する指標」を暫定的に用いている。
 飲料水、牛乳・乳製品では1キログラム当たりの放射性ヨウ素が300 ベクレル、
 放射性セシウムが200ベクレルとなっている。
 100ベクレルを超えるものは、乳児用調製粉乳には使用できない

 Q この基準値を超えた水道水を飲んでも健康に問題はないの?

 A 厚労省などでは、数値を超過したものについては飲用を控えるよう求めている。
 ただ、基準値を超えたからといって、直ちに険というわけではない。
 代わりとなる飲み水がなければ飲んでも差し支えないし、
 入浴や手洗いの生活用水として使うこともできる」
(改行おいら)

いや、基準値超えたらダメでしょw
何のための基準値だw
ただちに影響でなくても、やがては・・・


いったい事故前と比べ、どれくらい変化があったのだろう。

水道水などのCs-137の経年変化 

http://www.kankyo-hoshano.go.jp/01/0101flash/01010321.html

このグラフから読み取るに、近年の日本では水道水中のセシウム137は
約0.2mBq/kgで推移していたようだ。
これを地元である群馬で比較してみると

群馬県 - 原子力発電所事故に係る本県での放射線量等について

http://www.pref.gunma.jp/05/e0900020.html

3/20は
 ヨウ素131:5.9Bq/kg
 セシウム134:1.2Bq/kg
 セシウム137:1.2Bq/kg
となっており、
セシウム137基準で考えると
事故後には・・・約6000倍に
跳ね上がっていることになる。

だが。
何倍に跳ね上がろうと、この1.2Bq/kgというのが
人体に大した影響を与えない量であれば問題にならない。
日本政府の基準は300Bq/kg。
この基準からすれば十分に小さく、
問題ではない・・・
ように・・・
・・・
・・・あやしい。
近年まで0.2mBq/kgで推移していた物質の
基準が300Bq/kgとは、これいかに?

念のため調べてみた。
で、下記のページを見つけた。
って、これ厚生労働省だ・・・。

水質基準の国際比較

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2002/11/s1108-5g.html

1.WHO飲料水水質ガイドライン
 
飲料水中の放射性物質 スクリーニング値
総アルファ線量 0.1(Bq/L)
総ベータ線量 1(Bq/L)

2.米国EPA第一種飲料水基準
 
放射性核種 最大許容濃度
アルファ粒子 15(ピコキュリー/L)
ベータ粒子及び光子放射物質 4(ミリレム/年)
ラジウム226及びラジウム228 5(ピコキュリー/L)
ウラン 2003.12.8より30(μg/L)

3.EU指令
 
放射能パラメータ パラメータ値
トリチウム 100(Bq/L)
総線量 0.10(mSv/年)

4.日本水質基準
  (基準値等はなし)

・・・日本の「基準値等はなし」ってw
ああ、だから「暫定」基準なのか。

放射性セシウムはγ線を放射する、γ線源である。
放射性ヨウ素はβ線を放射する、β線源である。

β線源に触れられている、WHOと米国EPAが
参考になりそうだ。

WHO基準。
見ての通りである。水なので、
 1Bq/L=1Bq/kg
である。

・・・日本の基準、なぜ300Bq/kg?
この値の根拠は?
放射性ヨウ素300Bq/kg+放射性セシウム200Bq/kg
の合計500Bq/kgまではOKってこと?
WHO基準と乖離しすぎではないか?

野菜を洗う、食器を洗う、洗濯をする、風呂水として使う
のなら確かに問題ないと思うのだが。
飲用・調理用としてはどうなのか?
今まで ほとんど入っていなかった不純物が
数千倍のオーダーで入るようになった。
しかも これは体内に蓄積されるタイプの危険な毒・・・。

・・・おいらは1Bq/kg未満になるまで、
少なくとも あと1~2週間はペットボトルの
ミネラルウォーターを使うことにしようっと。
おいら国際派w


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

NO NAME

WHO
スクリーニングレベルおよびガイダンスレベルは、既存のまたは新規の飲料水供給における日
常の(「正常な」)運転条件に適用される。これらは、環境中に放射性核種が放出されているような、
緊急時で汚染を受けている水供給に適用されるものではない。
by NO NAME (2011-06-04 02:14) 

べく太

ご指摘ありがとうございます。
はい、WHOでは記事中の値を全αまたは全βのどちらか一方でも
超えたときは、α・β含めた総線量が1L当たり0.1mSv/y(=100μSv/y)であるか否かで無条件に安全に飲めるか否かを規程していますね。

ちなみに本記事は、水道水中の放射性物質が増加する中で、
事故前のレベルはどれくらいで、全く健康に影響しない、
特別な対策が不要な最大の放射性物質の量がどれくらいなのかを探ってみた内容になっています。

WHOスクリーニング値が緊急時に適用されない値であることは、
おいらが至った結論にとって関係がありません。
おいらの地域で安定ヨウ素剤が配布がされるなど特別な対策が
採られる見込みが無く、おいらにもR0浄水器などの自衛手段が無い以上、平常時で絶対的に安全とされている値を基準に考えるのが
妥当と思うからです。

もっとも、
 放射性ヨウ素1Bq/kg=総β線量1Bq/kg
とは限りませんがね・・・。
(ヒント:放射性セシウムあるところ、放射性ストロンチウムあり。
     放射性ストロンチウムは水溶性でβ線源。
     そんで政府は水道水中の総β線量を発表していない)

by べく太 (2011-06-04 21:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。