So-net無料ブログ作成

日本は原発の耐震災改修を急ぎ将来全廃せよ [行動指針]

内閣府原子力委員会 国民の皆様からのご意見募集について(HP入力)

http://www.aec.go.jp/jicst/NC/tyoki/tyoki_oubo.htm

意見してみたw
その1(長ったらしくなったので三分割した。それでも長すぎだw)
何かの参考になれば。

 ポイント:諭吉が増える減る的な観点に立って書いてみた。
      (人の涙に無関心な人にも きちんと読んでもらうため)


意見の概要:日本は原発の耐震災改修を急ぎ、将来全廃せよ

 

意見
 以下を強く希望する。
 1.浜岡原発の即時停止と、耐震・耐津波改修の実施。
 2.日本全国の原子力発電所の耐震・耐津波・対テロ改修の実施。
 3.日本全国の原子力発電所の計画中止・建設中止と、
   将来的な全廃。

理由1.
 今回の福島第一原発の大事故により、原子力災害が
 極めて甚大な結果を招くことが分かった。
 諸外国では原発反対運動が起こっている。
 しかし日本においては全ての原子力発電所を即刻停止することは
 不可能である。
 日本全体の産業に深刻な事態をもたらすからだ。
 
 そこで優先度をつけることが必須となる。
 まずは明日起こっても不思議はないとされる、
 東南海大地震対策が急務と考える。
 
 具体的には浜岡原発である。
 即時停止を求める。
 この原発は、現状では東北太平洋沖地震クラスの震災で壊滅する
 可能性が極めて高い。
 
 東海村の原発でも津波対策工事が間に合わなかったため、
 非常用発電機が1台被災した。
 このように工事に着手しても、その前に震災が訪れれば意味が無い。
 
 最悪の事態を想定することが重要である。
 福島第一原発の事故は最悪の事態を軽視しすぎていた。
 同じ過ちを繰り返してはならない。
 
 浜岡原発は即時停止すべきで、
 停止した上で耐震・耐津波改修を急ぐべきである。

理由2.3.
 この都度の福島第一原発の原子力災害では下記が明らかになった。
  ・想定外のことは必ず起こる。
  ・人的ミスも、経営側・現場側双方で必ず発生する。
 これらは絶対に防げないことが実証された。
 
 また原発は、震災は元より、テロ・戦争に対する対策も行うべきである。
 アメリカは原子炉がテロ・戦争の標的になることを
 考慮して対策しているという。
 日本は対策していないのではないか。
 テロ・戦争に対する対策も盛り込む必要がある。
 
 これから各原発の耐震災補強に入る事と思うが、
 これら対策を講じたとして、投じたコストを回収できるのか。
 
 また今回の原子力大災害であるが、廃炉にするまでに
 数十年はかかると聞く。
 そのエネルギーはどうやって賄うのか。
 
 東京電力の株価はガタ落ちで、東京電力の株主は大損害である。
 東京電力が潰れるだけなら まだよいが、
 全く関係のない日本の輸出工業製品・輸出農産物・観光についても
 とてつもない悪影響を及ぼすことが今回分かった。
 一度の大災害で経済的に取り返しのつかない事態になる。
 
 原発は人的・物的・金銭的なコスト・リスクが高すぎる。
 原発は縮小の方向に進め、最終的に全廃すべきである。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。