So-net無料ブログ作成

御前崎ちゃんカワイソス [行動指針]

脱「交付金」の道へ踏み出せ 浜岡原発停止 御前崎市の憂い
http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110529/CK2011052902000115.html
 ”菅直人首相の要請を受け、中部電力の浜岡原発(御前崎市)が全面停止した。
 運転再開は津波対策を終えた2~3年後を前提としているが、万全の
 安全対策を施すには長期化は避けられない見通しで、
 情勢によっては廃炉の可能性もある。
 ”原子炉建屋の屋根が水素爆発で吹き飛ぶ映像を見た御前崎市の石原茂雄市長
 は「原発の安全神話が根元から崩れ去った」と青ざめた表情で語った。
 このとき、長年の原発行政のあり方に初めて不安を感じたという。

  すべての原子炉が止まった2日後、石原市長は
 「原発だけに頼らない、新たな方向性を示す時期がきた」
 と語った。中電などと協力して原子力以外の新エネルギーの発電施設や
 研究機関の誘致を目指す
と言うけれども、現時点ではまだ構想段階
 にすぎない。
  御前崎市は合併前の旧浜岡町時代の1967(昭和42)年に
 原発を受け入れた。交通の便の悪さから「陸の孤島」と呼ばれた地域
 舞い込んできた原発計画は、
 「泥田に金の卵を産む鶴が舞い降りたようなものだ」
 と語った地元有力者もいたほどだ。
  貧しかった地域は原発マネーで大きな変貌を遂げた。1~5号機の建設で地元に
 入った原発関連の交付金の総額は約400億円。病院や図書館、温水プールなど
 大型施設を造り続けてきた。
 本年度の一般会計当初予算約168億円のうち、原発関係の固定資産税と交付金
 などは約71億円で4割超を占める。減価償却などで目減りする固定資産税や
 交付金を
穴埋めするため、6号機の新設計画も進んだ。
市は“麻薬”とも
 やゆされる交付金に頼る体質になっていた。

  ”石原市長は「脱原発」まではっきり言及しなかったが、廃炉の可能性まで視野に
 入れているようだ。打ち出した新エネルギー構想は、市の存続をかけた苦渋の策
 ともいえる。構想では、風力発電施設や自然エネルギーに関する研究拠点、
 放射線を利用した医療研究機関などを誘致したい考えだ。
  石原市長は「これからは『新エネルギーのまち』を看板に掲げたい」
 と力が入るが、政府が地元への事前説明もなく全面停止を要請したことに不満を
 持ち、県とも新エネルギー政策の主導権の取り方でぎくしゃくしている。
  ただ、当面の課題は停止した原発の安全対策と地元の経済や雇用への影響だ。
 原子炉建屋内には使用済み燃料を含めた燃料約9000体が残る。市民の多くが
 原発関係の仕事にかかわり、雇用に不安を募らせている。交付金を活用した
 「ハコモノ施設」の維持、管理にも膨大な経費がかかる。
 原発により、豊かな生活を手に入れた代償は大きく、課題は山積みだ。
  交付金に依存してきたから市職員や市議らは企画立案の意欲に乏しく
 企業誘致や地場産業振興などの努力が足りなかったことは否めない。政府の
 エネルギー政策の見直しにいち早く名乗りを上げ、支援を得る下心も見える。”
 (抜粋、改行・強調おいら)

原発交付金にどっぷり漬かり、アブク銭で過ごしてきた日々が終わろうとしている
御前崎市。新たな歩みを始めようと画策しているようだ。

しかし浜岡原発6号機新設の目的が、
減価償却などにより目減りする固定資産税や交付金の穴埋だったとは・・・。
やっぱ原子炉増設の本音なんて そんなもんかw
エネルギーうんぬんは取って付けた理由ですかねw

中日新聞によれば、
政府が停止期間中の交付金を減額しないと約束したことが、
浜岡原発の全面停止を御前崎市が認めた理由として大きいらしい。
しかし全面停止が長引けば当然のことながら交付金は減る。

今のところ浜岡原発は津波対策を終えた2~3年後に運転再開の予定であるが、
しょせん、予定は未定。廃炉の可能性だってあるぞw
どのみち原発収入に頼っていると財政難に陥いっていくことは目に見えている。

しかし・・・陸の孤島とは?
交通の便が悪い・・・?
地図を見てみる。
御前崎市.jpg

なるほど・・・
2ケタ以下国道無し、鉄道無し、高速道路無し、新幹線無し、空港無し。
北部は山。細い低地。
普通なら他の地域への通過点としての機能があるものだが、
海にせり出した独特の凸形状の地形により通過点としての機能無し。
隣接する掛川市・菊川市・牧之原市には上記に挙げた交通インフラ
は必ず複数存在するところがなんとも・・・

隣に住んでいる掛川ちゃん・菊川ちゃん・牧之原ちゃんは
WiiやニンテンドーDSやPSPを買ってもらってるのに
ぼくんちは貧乏で何一つ買ってもらえない・・・

御前崎ちゃん・・・(´・ω・) カワイソス

こんな所に陸の孤島があるなんて思いもしなかった。
「麻薬」に手を出してしまった気持ちも分からんでもない・・・。

石原市長は福島第一原発事故で不安を感じたという。
補助金漬けの割に感覚はまともであり、
目指している方向性も全く正しいものだと思う。
東海地震の震源域直上に立地し、首都に近接する浜岡原発は
廃炉にすべきと おいらは思うが、
だからといって御前崎市が困窮することは捨て置けぬ。

微力ではあるが、何か考えてみようかな・・・


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

mogusa

こんばんは。
べく太さん、久々の更新待ってました。
いつもながらの細かい情報、目の付け所が
ナイスです。
御前崎市のように行政が破綻しそうな所が
カネの猛者の狙い目なんですね。
原発労働者にしろモンゴルのような発展途上国
にしろ弱者に目をつけるのは、麻薬売人と同じかも。
貧富の差が悪の権化なのではないかな。
by mogusa (2011-06-01 22:12) 

べく太

>貧富の差が悪の権化なのではないかな。
その通りと思います。
貧富の差が極大に達したとき、治安悪化→革命
と流れることを、世の為政者も権力者も学習しないようで・・・。

消費税の大幅増税が検討されているようですが、
食料品など生活に最低限必要な物資にも一律課税の方向で
検討中みたいですね。
さらに経済弱者をいためつけようとは、愚かなw
by べく太 (2011-06-04 18:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。