So-net無料ブログ作成
検索選択

もんじゅ炉内中継装置23日にも引き抜き [安全対策]

もんじゅ装置23日にも引き抜き 収納容器設置作業を公開
 ”日本原子力研究開発機構は22日、高速増殖炉「もんじゅ」(敦賀市)で、原子炉
 容器内に落下した炉内中継装置の回収をめぐり、引き上げた同装置を収納する
 じゃばら式の容器の取り付け作業を公開した。23日にも同装置そのものの
 引き抜きを行う。”
  ”長さ12メートルの同装置を引き抜いた後に収納する容器は、耐熱性化学繊維
 で直径1・4メートル、高さは最大15・6メートルになるじゃばら式。この日は作業員
 23人が、クレーンにつり下げた容器の外観検査をした後、炉上部に取り付けた。
 経済産業省原子力安全・保安院の検査官が立ち会い、アルゴンガスを
 充てんした際に漏れるような穴などがないかをチェックした。
  同装置自体の引き抜きは1分間で6センチずつという慎重なペースで
 行うため、8、9時間かかる見通し。
 炉内中継装置を収納するじゃばら式の容器をチェックする作業員=22日、福井県敦賀市のもんじゅ
 (抜粋、改行・強調おいら)

明日23日、炉内中継装置の引き抜き作業が行われる。
昨年10月にも2回引き抜きを試みたが、失敗した。
今回は前2回と違い、炉内中継装置が収まっているスリーブごと引き抜く段取り。
是非とも3度目の正直となってほしいと思う。

今回の引き抜き作業は、もんじゅ復旧に向けた前哨戦。
間違いのないように確実な作業をお願いしたい。

え?前哨戦?
そう、今回の引き抜き作業が無事に成功したとして、それで終わりではない。
メーンイベントは炉内中継装置の復旧作業である。

炉内中継装置を無事に引き抜けただけでは、
もんじゅの危うさは引き抜き前と全く変わらない。

炉内中継装置が復旧できて、炉内から燃料を取り出し終わって、
はじめて もんじゅが現在置かれている危うさが遠のく。

こんな前哨戦ごときで過酷事故に至ってもらっては困る。
念入りに作業前検査を行ってほしい。
くれぐれも事故のないように。

あと参考までに、付近の風向き。


炉内中継装置の引き抜き~復旧工程は
に掲げられている。

1.5月末から6月22日までの引き抜き作業。
もんじゅ引き抜き工程1.jpg

2.明日6月23日~に行われる予定の引き抜き作業。
もんじゅ引き抜き工程2.jpg

3.しばらく後に行われる、復旧作業。
 炉内中継装置の据え付け。これがメーンイベント。
もんじゅ復旧工程.jpg
・・・ん?
図では「通常状態に復旧完了」とあるが・・・
炉内中継装置はどうしたw
炉内中継装置が無いぞw
これは一体?


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 2

mogusa

いつもありがとう。
拝借しました。
by mogusa (2011-06-23 12:13) 

べく太

お安い御用で。
by べく太 (2011-06-23 23:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。