So-net無料ブログ作成
検索選択

玄海原発の再稼働と佐賀県知事の判断 [安全対策]

原発の再稼働、混迷深まる 佐賀県知事、経産相と会談調整 
 ”運転停止中の原子力発電所の再稼働問題が混迷を深めている。
 九州電力玄海原子力発電所(佐賀県玄海町)2、3号機の運転再開問題で、
 週内とみられていた古川康・佐賀県知事の判断は来週にずれ込む見通しとなった。
 同知事は今週中にも海江田万里経済産業相を招き、会談する方向で調整している
 が、国の安全基準に疑問符がついているだけに、結論が出るかどうかは
 不透明だ。”
 ”一方、古川知事は27日、県民を対象にした数百人規模の説明会を県主催
 で来週開催する方針を表明した。26日に経産省が佐賀市内で開いた県民向け
 説明会が不評だったためだ。同会の時間は1時間半にとどまり、参加する県民も
 7人に絞っていた。県の説明会は玄海原発の緊急安全対策などを中心に、県民と
 経産省の担当者らによる討論会形式とする。”
  ”佐賀県は菅直人首相に来県を求め、政府の考えを示すよう要請することも検討
 している。
  福井県など原発が立地する他の県知事はおおむね原発の早期再稼働について
 反対姿勢を強めている。明確な賛否を表明していない佐賀県の古川知事の
 判断は、今後の原発再稼働問題を左右する公算が大きい。
 (抜粋、改行・強調おいら)

定期点検の終わった原発の再稼働問題が混迷している。
古川知事の判断で、全国の原発の再稼働が行われるかどうかが左右される模様。
玄海原発では1号機・4号機が現在稼働中で、2号機・3号機が定期点検が終了
したため再稼働させようとしているところである。

おいら的には玄海原発の稼働については、
 4号機の稼働:○(いいんじゃないの)
 3号機の稼働:○(いいんじゃないの)
 2号機の稼働:△(やめといたほうが)
 1号機の稼働:××××××××××(廃炉にしろ!)
と思っている。

根拠は
運転年数と、脆性遷移温度の測定結果。

佐賀・玄海原発:1号機原子炉、想定超す老朽化
 専門家「急冷却で破損の恐れ」
  ”九州電力玄海原発1号機(佐賀県玄海町)の原子炉圧力容器の老朽化が、
 従来の予測を超えて進んでいることが、九電の資料や専門家の分析で
 分かった。原子炉が中性子を浴びるほどもろくなる「脆化(ぜいか)」と
 呼ばれる現象で、大地震などで急激に炉心を冷やした場合に圧力容器を
 破損する危険性が増す。九電は従来予測を上方修正した上で「安全性に問題
 ない」とするが、専門家は「予測不能に陥っており、安全検査を徹底すべきだ」
 と指摘している。
  玄海1号機(出力55万9000キロワット)は75年10月に稼働した九電
 最古の原発。予測以上の脆化が判明したことで、他の古い原発の安全性も
 問われそうだ。”
  ”九電によると、1号機の運転開始時の脆性遷移温度は零下16度。76~93年
 の計3回の検査で35度↓37度↓56度と上昇し、09年4月の4回目検査で98度
 と跳ね上がった。しかし、九電が03年に国に提出した技術評価書の予測では
 65度前後、誤差を考慮しても75度前後のはずだった。
  これを受け、九電は予測を実測値に合わせて上方修正した。一方、現在の容器
 本体の脆性遷移温度については、日本電気協会の予測式から80度と推定し、
 今後24年間稼働しても91度と予測している。新設原子炉の業界基準である93度
 を下回り、九電は「安全性は問題ない」と説明している。
  井野博満・東京大名誉教授(金属材料学)は「4回目の実測値は誤差の範囲を
 超えており、脆化を予測できなくなっている。『安全』と説明されても信頼性に
 欠ける」と指摘。「予測不能である以上、容器本体も98度と仮定して安全検査を
 徹底すべきだ」と訴えている。
  国内の原発でこれまで観測された脆性遷移温度の最高値は関西電力
 美浜原発1号機の81度。玄海1号機の98度はこれを更新した。
 (抜粋、改行・強調おいら)

電力各社は核燃料を納める圧力容器の老朽化を把握するため、容器内壁のさらに
内側に、容器本体と同じ材質(鋼鉄製)の試験片を4個以上設置。
数~十数年ごとに1個ずつ取り出して、脆化の指標となる「脆性(ぜいせい)
遷移温度」を測定している。

高校生~社会人一年生の時分に読んだ、広瀬隆の「危険な話」「眠れない話」
にも確か書いてあったな。

うろ覚えだが。
老朽原子炉においては、鋼鉄系なら通常-30℃以下で起こる「低温脆性」が
中性子を浴び続けた炉心部の鋼鉄(圧力容器、配管類など)においては+64℃
(だったと思う)とか高温で発生するようになり、原子炉を停止した際に配管破断・
圧力容器損壊が発生し、冷却材喪失によるメルトダウンの危険性がある、
というものだったと記憶している。

ちなみに低温脆性とは、常温なら力を加えても曲がるだけの針金が、
極低温になるとガラス棒を曲げたときのように脆くバキッと折れるようになるという
ことだ。
本来の粘り強さが無くなる。
脆性遷移温度は脆化が進むほど高くなり、容器が急激に冷やされて
この温度を下回ると壊れやすくなる。

で、当の玄海原発1号機では、その脆化温度が2009年の時点で+98℃だと。
・・・じゃあ、2011年現在の脆化温度は?

玄海原発には限界原発が混じっていたのでした。orz

玄海原発1号機などは、地震津波うんぬんでなく単純に通常停止するだけでも
事故の可能性があるんじゃないのか?

浜岡原発5号機は通常停止しただけで事故が発生し、
復水器内に400tというとんでもない量の海水が流入した。
これは配管キャップ溶接部の金属疲労が原因だという。

限界原発の場合、配管キャップどころか、圧力容器そのものが劣化・疲労している。
加圧水型原発の圧力容器配管内は、150気圧・300度以上の高圧・高温状態。
地震・津波・電源断など関係無く、ただ単に停止したときに
 圧力容器/配管が破断→一次冷却材流出→メルトダウン→水蒸気爆発/水素爆発
という流れだってありうるのではないか?

スクラム(緊急停止)だけは絶対やらないでもらいたいものだ。

wikiより。
玄海原子力発電所
 ”
 1号機
  原子炉形式: 加圧水型軽水炉(PWR)
  運転開始: 1975年10月15日
  定格電気出力: 55.9万キロワット
  原子炉熱出力: 165万キロワット
  燃料種別・装荷量: 低濃縮(約4~5%)二酸化ウラン燃料・約48トン
  燃料集合体数: 121体
  建設費: 545億円
 2号機
  原子炉形式: 加圧水型軽水炉(PWR)
  運転開始: 1981年3月30日
  定格電気出力: 55.9万キロワット
  原子炉熱出力: 165万キロワット
  燃料種別・装荷量: 低濃縮(約4~5%)二酸化ウラン燃料・約48トン
  燃料集合体数: 121体
  建設費: 1236億円
 3号機
  原子炉形式: 加圧水型軽水炉(PWR)
  運転開始: 1994年3月18日
  定格電気出力: 118.0万キロワット
  原子炉熱出力: 342万3千キロワット
  燃料種別・装荷量: 低濃縮(約3~4%)二酸化ウラン燃料および
   プルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料・約89トン
  燃料集合体数: 193体
  建設費: 3993億円
  2009年11月5日より、プルサーマル試運転。同年12月2日より営業運転を開始。
  MOX燃料費: 1回目18体10.7トンで139億6400万円。
           2回目20体13トンで150億8200万円。
 4号機
  原子炉形式: 加圧水型軽水炉(PWR)
  運転開始: 1997年7月25日
  定格電気出力: 118.0万キロワット
  原子炉熱出力: 342万3千キロワット
  燃料種別・装荷量: 低濃縮(約3~4%)二酸化ウラン燃料・約89トン
  燃料集合体数: 193体
  建設費: 3244億円
 ”
 (抜粋、改行・強調おいら)

玄海原発2号機は既に30年経過している老朽原子炉である。
原子炉の運転期間の世界平均は22年。
電気出力も3号機の半分足らずであり、リスクを負ってまで動かす必要はない
と思う。
どうしても動かすなら、1号機が安全に停止したのを確認してからにすべきだ。

玄海原発3号機はMOX燃料を使用しているものの、まだ2号機に比べて炉が
新しいため、動かしたいのなら動かしてもいいんじゃないの、と おいらは思う。

玄海原発1号機で、なぜ想定外に照射脆化が進んでいるのか?
原因究明と理論付けを急ぐ必要がある。

あと、玄海原発周辺で白血病が多いという話がある。
こちらも原因究明が必要だ。

新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)

新版 危険な話―チェルノブイリと日本の運命 (新潮文庫)


タグ:高校生 白血病 誤差 更新 判断 静岡 佐賀 分析 経済産業省 調整 福井 リスク 結論 現象 開催 東大 破損 社会人 問題 発生 古川 把握 大地震 一年生 針金 最古 東京大学 運転 方針 危険性 見通し 限界 本来 根拠 要請 老朽化 専門家 玄海 主催 原因究明 想定 うろ覚え 上方修正 従来の 津波 折れる 原子力発電 説明会 立地 前後 高圧 燃料費 九州電力 原発 徹底 賛否 県民 スクラム 海水 出力 流入 表明 討論会 信頼性 県知事 明確 運転再開 内側 疑問符 不透明 会談 急激 浜岡 恐れ 考慮 高温 欠ける 常温 内壁 再稼働 プルトニウム 不評 原子炉 炉心溶融 廃炉 名誉教授 陥って 経産相 核燃料 軽水炉 加圧水型 安全基準 MOX 建設費 測定結果 鋼鉄 メルトダウン 水蒸気爆発 海江田 予測不能 中性子 脆くなる 水素爆発 号機 圧力容器 広瀬隆 浴びる 跳ね上がる 九電 超す 混迷 炉心 世界平均 復水器 緊急安全対策 停止中 運転年数 脆性遷移温度 急冷却 脆化 安全検査 日本電気協会 金属材料学 井野 試験片 ずれ込む 絞って 早期稼働 反対姿勢 左右する 公算 いいんじゃない やめといたほうが 予測を超えて 安全性に問題ない 技術評価書 実測値 電力各社 危険な話 眠れない話 冷却材喪失 低温脆性 極低温 ガラス棒 バキッ ボキッ 粘り強さ 混じる 金属疲労 配管キャップ とんでもない量 PWR 緊急停止 二酸化ウラン 混合酸化物 燃料集合体 運転期間 理論付け
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 2

想定害

2009年4月に玄海1号機圧力容器の金属の脆性遷移温度が98度と
東大の井野教授は日本一危険な原発と発表。
その後,現在2011年7月まで1号原子炉内の金属の脆性遷移温度のテストデーターを
九州電力は開示しません(2011年7月1日の新聞では
安全だから掲示の必要無しとの九電の回答でした)しかし
それはおかしい!!,
実は2009年以降のテストピースがなくなりましたと
当時の九電が発表してます。テストピースが無い為に2010年2011年ともに
データーが有りません,開示拒否継続中,
すなわち開示しないのでは無くデーターを採らないで稼動継続中が真実です
(原発1機で1億円/月の収益と玄海町へ毎年20億円/年の交付金)
*福島事故以来 玄海町へ保安委員が訪れ"それはいささか乱暴です"と言い
帰りました・・津波対策の防波堤が必要ではとの回答は"乱暴"の言葉で却下されました
前回の知事選では例年通り九州電力が全面的にスポンサーとなり古川知事は圧勝されました,
また古川知事さんのお父さんは現役の九州電力社員ですが
とにかく九電と仲がいい。
7月1日の新聞では 県議の質問で"安全との根拠はなんですか"の質問で
古川知事は"安全を保障すると海江田経済産業省から聞きましたので
政治的に安全と判断しました"との答弁でした
津波対策の防波堤作ってから言うので無く
・政治的に立場上判断しました・・で有る
・・海江田氏発言で大規模事故が起きても知事の責任を逃れられるので
やっと安心されたのでしょう
癒着を怪しむ県民にうまく慎重配慮されました
今後は既成事実 お決まりの説明会の規制事実を経て原発爆破・・でなかった
 強行再稼動が待ってます 正々堂々と政治献金もいただき
 大口応援電力団が待ってます。 
//cnic.jp/files/Genkai3MOX_20060421.pdf
あとはシナリオ通りになっても"未曾有 想定外 予期せぬ”の単語を並べられるでしょう
シナリオその例:1号機震度5地震時に緊急冷却停止時98度以下の冷却水により
圧力隔壁爆発で
大部分の核ペレットが飛散/原発作業員一斉退避/数日後プルトニューム入り
3号機爆発/九州北部山口四国大阪、放射能管理区域 死者数百万人以上
 被災者数千万人 海外受け入れ拒否問題発生 政治家高級官僚国民見捨てて国外逃亡
2020年前後日本経済破綻でなくそれ以前に放射能汚染による破綻でした
後世・・”無関心ほど怖いものは無かった" ワイドショー 関連本大ヒット
・・2030年以降の核融合発電普及に間に合いますように がんばるしかない
今は子供でも将来を担う人々の為には絶対に諦めないぞ知事!!!!
・佐賀県玄海町 TEL:0955-52-2111
・佐賀県知事あてメールフォーム:https://www.saga-chiji.jp/teian/top.html
・秘書課 FAX:0952-25-7288
     TEL:0952-25-7007
by 想定害 (2011-07-02 02:49) 

べく太

想定害さん、長文コメ、ありがとうございます。乙。
7/2、古川知事が九電に劣化データ開示を求めたと一報が。
しかし2009年で最後のテストピースが尽きたらしいですね・・・。
テストピース無いのにどうやってデータを出すんでしょうか?捏造?w

玄海原発1号機は廃炉だ、廃炉!
というか、それ以前に安全に停止できるのか?

核融合発電ですが、こいつでも炉の放射化により放射性廃棄物や
作業員の被曝の問題は避けられません。
原子力等で「お湯を沸かして発電」という旧来の発想そのものを
根本から見直すべきだと思います。
by べく太 (2011-07-03 07:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。