So-net無料ブログ作成
検索選択

朝鮮学校、無償化適用へ [政治安全対策]

朝鮮学校 無償化適用へ 10校に支援金支給方針
 ”菅直人首相は二十九日、高木義明文部科学相を官邸に呼び、
 昨年十一月の北朝鮮による韓国砲撃を受け凍結していた朝鮮学校に
 対する高校無償化適用の審査手続きを再開するよう指示した。これを
 受け文科省は、適用に向けた手続きに入った。
  同省の専門家会議は昨年十一月、教員数や施設などが日本の
 専修学校高等課程レベルであることを基本とする基準を決定し、
 朝鮮学校はこの基準に合致するとみられていた。今後、会議の意見も
 踏まえ審査し、年度内に適用が決まれば、文科省は朝鮮学校十校に
 対し今年四月にさかのぼって就学支援金を支給する方針。無償化が
 適用されないまま今春卒業した生徒約七百人の救済措置についても
 今後検討する。”
  ”朝鮮学校十校は昨年十一月に就学支援金の支給を申請したが、
 韓国砲撃を重視した菅首相が文科省による審査手続きを凍結するよう
 指示。政府は手続き再開の条件を
 「朝鮮半島情勢が砲撃以前の状態になること」(枝野幸男官房長官)
 とし、情勢に進展がないとして判断を保留してきた。
  文科省によると、就学支援金は生徒一人当たり年間十一万八千八百円
 を基本に年収が低い世帯は一・五~二倍に増額する。
 (抜粋、改行・強調おいら)
 
・・・(゚Д゚)ハァ?
このタイミングで朝鮮学校無償化適用に GO! をかけるとは。
夢にも思わなかった。
↓だって、ほんの10日ぐらい前のニュースでは・・・
 
米韓演習開始…北は「全面戦争起き得る」と警告
  ”朝鮮半島有事に備えた米韓合同軍事演習
 「乙支フリーダム・ガーディアン」が16日、韓国各地で始まった。”
  ”演習に北朝鮮は反発しており、朝鮮中央通信によると、
 16日付の北朝鮮各紙は中止を要求する記事を掲載した。
 朝鮮労働党機関紙・労働新聞は論評で
 「朝鮮半島情勢は最悪の危機状態に直面している。どんな偶発的な
 要因でも、全面戦争が起き得る」と警告した。”
 (抜粋、改行・強調おいら) 
  
高木文科大臣が菅首相との会談後、記者団に「砲撃前の状態に戻ったので
(手続きを)始めるよう要請された」と話したというが。
 
どういう思考の過程を踏むと、現在の北朝鮮情勢が砲撃事件以前の状態に
戻ったと解釈できるのか、おいらには理解不能だ。
 
↓やはり支持団体に「今後ともよろしく」ということなのか?
  
 
そもそも、おいらは高校無償化そのものに反対だが。
 (タダほど高いものはない。無償の裏には代償が待ち構えている)
たとえ無償化をやるにしても、せめて公立高校のみとすべきだ。
100歩譲って外国人学校にまで適用するとしても、日本が検閲した教科書
のみを使用する条件にすべきだろう。

朝鮮学校は、日本国内で堂々と反日教育を行っている。
この手助けのために日本人の血税を無償で投入することをよしとする人は
よほどの阿呆か、そちら側の人以外にあるまいて。
「敵に塩を送る」のとは意味合いと状況が違うぞ。 

 偏向した教育内容・教育過程への批判 
 "朝鮮学校で使用される教科書は、学友書房が朝鮮大学校の協力のもとに
 作成したものを朝鮮民主主義人民共和国教育省が検閲したものであり、
 日本文部科学省が示す学習指導要領に沿った検定教科書ではない。”
 ”また、日本人拉致問題については、2002年9月の日朝首脳会談で
 金正日総書記が拉致の事実を認めて謝罪して以降、朝鮮総連も
 「絶対に許されない犯罪行為」(徐萬述議長)と謝罪し、朝鮮学校の
 教科書も翌年度から改編されたといわれていたが、現行の教科書
 (2003年初版発行)の記述には、「拉致は犯罪」との認識は
 全く見られないという。
  朝鮮学校は朝鮮語と民族教育を一義的に学ばせる教育機関としての
 傾向が強い。朝鮮学校内では授業はもちろん日常会話でも朝鮮語を使用し、
 日本語は外国語教科として教えられている。内容は日本の国語教科書に
 出てくるものとほぼ同じである。民族教育の割合は35%と非常に高く、
 ほとんどすべての科目において、北朝鮮の最高指導者である
 金日成・金正日父子に対する忠誠教育が施されている。その一方で、
 日本国内で一般の労働者として日本の労働市場で働くために客観的に
 必要と判断される教育の要件、すなわち日本語力や他の諸能力の
 習熟度規準等はガイドラインとして設定されていない。外国人が
 滞在国で就業するためには当然必要と判断されるような、日本の常識と
 その背景・歴史の深い理解、外国である日本において自分達がもつべき
 モラルとその説得的な根拠等々といったごく基本的なガイドラインも
 設けられていない。そのため、卒業生の中には「非常識な教育だった」、
 「自分が一般の教育レベルから落伍し、常識面でも適応できなかった」
 などと語る者も少なくない。”
 ”中井洽国家公安委員長・拉致担当大臣は「全生徒に対して放課後
 に先軍思想や主体(チュチェ)思想の洗脳教育を行っている」と主張
 した上で、「朝鮮学校の授業料無償化によって、日本国の支出が
 朝鮮総聯から金正日総書記に渡る」と述べた。
  2010年11月17日の参院予算委において公安調査庁は、朝鮮総連は
 朝鮮学校の民族教育を愛国運動の生命線と位置づけ、北朝鮮と朝鮮総連
 に貢献しうる人物の育成に励んでいるという認識を示し、そして朝鮮総連
 が朝鮮学校の教育内容、人事、財政、教科書(朝鮮総連傘下の出版社)に
 及んでいることを示した。
  生徒は在日朝鮮人であれば国籍を問わず受け入れており、近年では
 韓国籍が多くなっている。また民団系子弟も受け入れている。”
 (抜粋、改行・強調おいら)
 
 ↓同じくwikiより。将軍様の肖像のもと、お勉強に励むらしい。
 ファイル:Chosen-gakko classroom.jpg
 
  ↓本当の日本の歴史より。
   朝鮮学校の教科書は肉親の救出を訴える家族らの活動を
   「反朝鮮人騒動」と記述!
   横田めぐみさんのご両親は、ただただ愛娘を返してほしいだけなのに・・・
 
 
 ↓おむすびROKUより。本場の教科書らしい。すごい算数の問題。w
 画像
 
 ↓ たくさんあるので、見たことない人は ご覧あれ。
 ★<丶`∀´> 誇らしい北朝鮮の教科書の中身を紹介するニダ
 

おいらは前の記事で「菅直人を支持する」と書いた。 
前言を撤回する。 
 
所詮は同じ穴のムジナなのか・・・。
 
最後の最後で・・・かましてくれちゃったね。
(まだ これが最後ではなかったりw) 

敵の敵は味方。脱原発を表明したこともあり
擁護しようと思ったが。
これは・・・ダメだ。


総理引退後は、自殺せず夫婦仲良く長生きしてほしいものです。

ところで人権侵害救済法案は、一体どのタイミングで出てくるのだろうか。
今回と同じく、寝耳に水の如く出てくるんだろうな。 
 
これが通ったら、この記事は朝鮮人の人権を侵害しているとみなされて
逮捕されますな。 

タグ:パチンコ 大学 在日 韓国 日本人 マスコミ 消費者金融 雑誌 常識 新聞 卒業生 自殺 モラル 歴史 TV 人権擁護法案 ガイドライン 教育機関 理解 ヤクザ 北朝鮮 教科書 生徒 逮捕 出版社 凍結 両親 赤軍派 長生き 謝罪 施設 将軍様 戦車 金正日 人事 首相 大韓民国 授業 文科省 情勢 基準 レベル 主張 財政 官房長官 申請 暴力団 支援金 警告 指示 朝鮮総連 偏向報道 根拠 検閲 再開 情報操作 論評 サラ金 専門家 日教組 高木 解釈 労働者 愛娘 公立高校 肖像 日常会話 民団 Go! 学習指導要領 教員 お勉強 血税 犯罪行為 客観的 最高指導者 重視 官邸 横田めぐみ 支出 阿呆 人権侵害救済法案 最後の最後 寝耳に水 生命線 朝鮮半島有事 国籍 朝鮮中央通信 中井 菅直人 議長 総書記 増額 検定教科書 改編 朝鮮民主主義人民共和国 朝鮮語 支持団体 労働市場 反日教育 理解不能 機関紙 民主党の支持団体 中核派 自治労 解同 高校無償化 朝鮮労働党 敵に塩を送る 朝鮮学校 救済措置 枝野 外国人学校 手助け 無償化 合同軍事演習 公安委員長 就学支援金 部落解放同盟 朝鮮玉入れ 金日成 教育省 同じ穴の狢 拉致担当大臣 日本教職員組合 民族教育 擁護 韓国砲撃 教育レベル 公安調査庁 脱原発 エセ右翼 文部科学相 審査手続き 専修学校 高等課程 基準に合致 年度内 さかのぼって 進展がない 年収が低い世帯 このタイミングで 米韓演習 全面戦争起き得る 乙支フリーダム・ガーディアン 中止を要求 労働新聞 最悪の危機状態に直面 偶発的な要因 思考の過程 民主党の関係団体 マスコミが報じない民主党の真実 革労協 社学同 街宣右翼 革命的労働者協会 革命的共産主義者同盟全国委員会 社会主義学生同盟 全日本自治団体労働組合 「知らなかった」では済まされない タダほど高いものはない 無償の裏の代償 よしとする そちら側の人 学友書房 日本人拉致問題 日朝首脳会談 一義的 忠誠教育 習熟度規準 落伍 先軍思想 主体思想 チェチェ思想 洗脳教育 愛国運動 教育内容 励む 反朝鮮人騒動 殺されました 悪い日本人 誇らしい 前言を撤回 敵の敵は味方
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。