So-net無料ブログ作成
検索選択

それでも原発再稼働は必要だ [行動指針]

電力制限解除へ それでも原発再稼働は必要だ
 ”東京電力と東北電力の管内で、昨年夏に比べて15%の節電を義務づける
 電力使用制限令が、予定より早く解除される。”
 ”電力制限は、原子力発電所の事故の影響による電力不足に対応し、大規模な
 工場やビルを対象に7月1日からスタートした。多くの企業が節電と生産を両立
 させるため、工場の操業を平日から休日に移すなどの工夫を重ねた。
  自主的な節電を求められた家庭を含め、冷房の設定温度の引き上げや、余分な
 照明の消灯など、節電の動きが広がった。省電力の発光ダイオード(LED)電球
 などの普及にも弾みがついた。
  こうした努力によって、震災直後のような「計画停電」は回避された。省電力に
 取り組んだ経験を生かして、電気を無駄にしないライフスタイルを定着させたい。
  ただし、暖房などで電力需要が高まる冬に電力不足が再び深刻になる恐れが
 強い。
  菅首相が引き起こした無用の混乱のせいで、定期検査で停止した原発の
 再稼働にメドが立たないからだ。このままでは、来年春までに全原発が停止
 しかねない。
  野田新首相は民主党代表選で、場当たり的な「脱原発」政策を継承せず、
 安全確認できた原発を再稼働させると公約した。その実現に指導力を発揮
 すべきだ。
  今回の電力制限は、電力不足が経済活動を大きく制約することを改めて
 裏付けた。
  震災で減った発注がようやく戻ったのに、節電によって思い通りの生産が
 できなかった工場は多い。4月から順調に回復していた鉱工業生産は、7月に
 ブレーキがかかった。電力使用制限の開始が影響した可能性がある。
  電力供給への不安から、企業が生産拠点を海外移転させる動き
 も出ている。空洞化が加速し、雇用の減少に波及しないか心配だ。
  東電など電力各社は、原発停止の電力不足を火力発電の追加で補っているが、
 そのコストは年3兆円と巨額にのぼる。いずれ電力料金の上昇につながろう
  原発の再稼働は、産業空洞化を防ぎ、日本経済が震災から本格的に
 立ち直る必要条件である。”
 (抜粋、改行・強調おいら) 
 
さすが天下の読売新聞。
見事なミスリード。w 
企業が海外移転を進めるのは「電気料金が高いから」
ではなく、「円が高いから」 である。
「海外の労働力が安いから」ということもある。

製品コストに占める電力料は微々たるものだ。 
産業の空洞化は、原発や電気の問題ではない。
 
原発を再稼働しようがしまいが、原発を増設しようが廃炉にしようが、
このままでは日本の電気料金は必ず値上がりする。 
 
電気料金の値上げを言うのなら、
発送電の分離と、電力の自由化が よっぽど効果的だ。
始めに原発再稼働ありき、という考えは誤りだ。
 
それに再稼働を求めるなら。 
まずは福島第一原発の1号機・2号機・3号機の
格納容器・圧力容器の状態と、そのように陥った原因を
明らかにし、対策を示せ。
再稼働はそれからだ。 
 
 
おいらは読売新聞を1年契約で購読していたりするのだが。
この契約が終わったら、
「原発推進の姿勢が気に入らん!」
と販売店に言って購読を終了することにする。

「原発が震災から本格的に立ち直る必要条件である」と
のたまう読売新聞は、
福島県民に早く福島第二原発を再稼働するよう
強く訴えると良いだろう。 

産業空洞化、という話が出てきたが。
 
円高、デフレ、財政難。
こんなのは諭吉さんをジャンジャン刷って、
「円高還元特別一時金」などと銘打って
10万とか20万円とか円高とデフレを解消でき、
かつインフレを招かぬ額の一時金を
日本国民全員に支給すればいいだけの話だが、
あいにく日本政府には紙幣を刷る権限は無い。
(というかイランを除く世界中の政府には、
 自国の紙幣を刷る権限が無い。
 紙幣を刷る権限は各国の中央銀行が一手に握っている。
 そして中央銀行は、政府の下の機関ではない) 

「政府紙幣」を強く提唱した故・中川昭一さんの二の舞を恐れてか、
日本の政治家は、もはや誰一人として政府紙幣の話をしない。

紙幣を刷ろうとせずに増税だけを しきりに叫ぶ日本銀行。 
このままでは必ず日本の産業は空洞化し、衰退する。
 
 
中央銀行といえば、アメリカの中央銀行であるFRBが
新100ドル札を今年2月頃に発行するはずだったのを、
 「札にシワが・・・」w
などと言って出さなくなったな。
 
用紙の手配やインクの手配、印刷設備などの投資も行ったはず
で、発行しないはずはないのだが。おかしいなあ。
シワでダメになった札の画像が出回ってないのは何故だろう?
シワ問題が報じられ1年位経つが、まだ印刷し直せてないの?
まさか別のものを刷ってるわけじゃないよね?
 
 
もしかすると 
日本が蓄えた富を吐き出さざるを得ない時が
間近に迫っているのかもしれないな。 

獲物は肥え太らせてから食す。
極のスクラップ&ビルド。 
それがグローバリズムというものだ。

今までのような物質的な豊かさを享受することは難しくなるだろう。
おいら達は、考えて決めなければならない。
 
自らの立ち位置をどうするのか。
豊かさとは何なのか。
人が生きるのに本当に必要なものは何なのか。 
 
ここに知恵が必要だ。 
哲学的な知恵が。

とりあえず、当座資産(現金・預金・有価証券)に余裕のある人は、
太陽光発電システムや電気自動車などの耐久消費財、
土地・家などの不動産 等、
長く使える現物資産に変えておくのが良いかもね。

(ただし原発事故も考慮する) 

ちなみに、おいらは
工作機械と太陽光発電システムとRO浄水器とソフトウェア
に変えとく方針だ。
鳥インフルエンザ対策の「引き籠もり積立金」が無くなってしまうが
致し方ない。

金融資産・ローンは、ここ1~2年は残高を減らした方がよい気がします。 


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

mogusa

こんにちは。
そうですね。
自分の生き方を見直す時なんでしょうね。
不動産購入も、原発が点在する日本では
考えてしまいますね。
超インフレ時代に突入したら、借金してるほうが
得のような話もありますが、どうなんでしょうね。
RO浄水器は、放射能ろ過できますか?

by mogusa (2011-09-04 10:42) 

べく太

素直に考えるとインフレ時は借金も目減りするはずですが、
普通に考えて、貸した側が丸損するような状況はありえない。
何らかのウルトラCにより、金融機関が目減りした債権を回収する
手段が講じられるはず、とおいらは思う。
 「借りる者は貸す人の奴隷となる」(旧約聖書)
死んだじいちゃんは借金が嫌いだった。なのでおいらも借金が嫌い。
おいらとしては、得をしなくても損をしなければ良しとしますです。
預金封鎖&財産税&デノミこわい。
原発がなければ土地に変えとくんだけど。

RO浄水器なら水に溶け込んだ放射性物質さえもかなりの高率で
濾過できます。塩水(=イオン化した塩素・ナトリウム)だって濾過
できるくらいだからね。
ただし濾過性能や耐久性などメーカーにより品質差があるはず。
一概にRO浄水器なら何でも安心とは言えません。
国内産は何だか異常にお高いので、おいらは現在
海外産を物色中です。
by べく太 (2011-09-12 20:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。