So-net無料ブログ作成
検索選択

浜岡原発停止へ・・・間に合うか [行動指針]

浜岡原発、全面停止へ…首相が中部電力に要請

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866922/news/20110506-OYT1T00711.htm?from=nwla
 ”菅首相は6日夜、首相官邸で記者会見し、中部電力浜岡原子力発電所
 (静岡県御前崎市)のすべての原子炉の運転停止を、海江田経済産業相を通じて
 中部電力に要請したと発表した。”
 ”首相は、浜岡原発が東海地震の震源域内にあることを指摘した上で、
 「文部科学省の地震調査研究推進本部の評価によれば、
 30年以内にマグニチュード8程度の想定東海地震が発生する可能性は
 87%と極めて切迫している。防潮堤の設置など、中長期の対策を確実に実施する
 ことが必要だ」と強調した。中部電力への停止要請については「指示、命令という
 形は現在の法律制度では決まっていない。中電に理解してもらえるよう説得して
 いきたい」と述べた。”
 (抜粋、改行おいら)

政府内で十分な検討の形跡なし…浜岡原発停止

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110506-OYT1T00866.htm?from=top
 ”菅首相が6日、中部電力浜岡原子力発電所の全面停止要請という
 異例の措置に踏み切ったのは、国民の原発に対する不安感を軽減し、
 東日本大震災対応の不備で失墜した政権の信頼回復につなげる狙いがある。
  ただ、政府内で十分に検討された形跡はなく、支持率低迷に苦しむ政権が
 反転攻勢のために繰り出した苦肉の策との見方も出ている。
  首相の指示で原発事故対応にあたっている細野豪志首相補佐官は6日夜、
 首相官邸で記者団に「首相は4月の初めあたりから浜岡原発を非常に
 意識していた。難しい判断だったが、国民の安全をないがしろにできない。
 相当、悩んだ上での判断だった」と述べ、
 停止要請が首相自身の強い意思だったことを明らかにした。”
 (抜粋、改行・強調おいら)

おいらは第一報を5月6日19:00のNHKニュースで知った。
まさかこんなに順調に浜岡原発停止が現実味を帯びるとは思わなかった。
作業中だったが、しばし手を休めてケータイのワンセグ画面に見入っていた。

これは強力に原発を推進してきた自民党政権では考えられないことだ。
もし自民党政権なら、人気取り目的であっても原発停止は行わないだろう。
たとえ浜岡がメルトダウンしたとしても、「原発は安全」と言い張って
他の原発の運転や推進を止めなかっただろう。
原発推進派が多勢である政府内で十分に議論したところで、浜岡原発を停止
するという判断はあり得ない。
人気取りの打算があったのだとしても、よく決断してくれたものだ。

「浜岡は特別だ」首相、粘り強く中部電力説得へ

http://www.yomiuri.co.jp/feature/20110316-866922/news/20110508-OYT1T00349.htm
 ”菅首相は8日午後、中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)のすべての
 原子炉の運転停止要請への結論を中部電が持ち越したことについて、
 「しっかり話をして、中部電にも理解してもらいたいと思っている」
 と述べ、粘り強く説得に当たる考えを示した。”

首相は本気だ。これは頼もしい。
初めて、民主党政権になって良かったと思ったよ・・・。
菅 直人、GJ!

福島第一原発事故直後、国内の老朽原子炉全基をすみやかに停止した
ドイツに比べれば遅すぎる判断ではあるが、原子力業界と癒着の甚だしい
日本での、この決断は素晴らしい。

止めたからと行って、即、安全という訳ではない。
福島第一原発4号機のように放射能拡散の危険性は消え去らない。
しかし出力全開状態でのクラッシュよりは遙かに良い。

おいらは正直、デモや署名するだけでは浜岡原発停止には力不足と思ってた。
国会議員に働きかけることが必要ではないか?国政の場で原発停止を求めることが
必要で、そのために国会議員の所へ押しかけて意見し説得することが必要では、と。
そんで、その経緯一連を記事にしてみようかな・・・
と考え始め、 話を聞いてくれそうな議員を物色し始めたところ、
入ってきた朗報だった。

今回の首相の判断は、
 ・浜松原発の危険性を、ず~っと前から指摘し続けていた人
 ・反原発の署名をした人
 ・反原発デモを企画した人・参加した人
など、日本の将来を憂慮した人たちの努力の賜物だと
おいらは思う。

それにしても、鶴の一声の影響度・・・。
おいらは下記記事のとおり内閣府原子力委員会に意見したが、
 http://vektavekta.blog.so-net.ne.jp/2011-04-01-2
 http://vektavekta.blog.so-net.ne.jp/2011-04-01-3
 http://vektavekta.blog.so-net.ne.jp/2011-04-01-4
おいら以外にも こういった組織に意見した人は多かったに違いない。
内閣や、内閣に近い組織にメールや投書や電話で凸撃する活動は、
実は想像以上に効果的なのかも知れない。

基本的に主権者たる国民がその権利を行使できる場は、
直接的には選挙や国民審査ぐらいと思うがが、
デモ・投書・不買などの運動による間接的な権利行使というのも
かなり効果的なんだと、あらためて実感。

優秀な政府になるように選挙で投票するのが上の策と思うが、
次善の策として、多少ダメな政府であっても、皆がデモや電凸などを繰り返し、
叩いて叩いて修正する。
これも民主主義の1つの姿。
政治家なんて当てにならない、誰に投票しても同じ、と思っている人。
デモや投書や署名や電凸を行い、政治に対する意思表示をしましょうw


「原発廃止」渋谷で音楽デモ 首相の浜岡停止に評価の声

http://www.asahi.com/national/update/0507/TKY201105070547.html
 ”福島第一原発の事故を受けて「原発廃止」を訴えるデモが7日、東京・渋谷を
 中心に行われた。
 東京・高円寺のグループがツイッターなどを通じて呼びかけたもので、
 約1万5千人(主催者発表)が集まった。”
 (抜粋、改行おいら)

 動画: 渋谷で反原発デモ、エコ街宣車も登場 TBS News-i
 http://www.youtube.com/watch?v=x0BB6Du7X4w&feature=player_embedded

1万5千人か。反原発デモの規模は拡大の一途だな。良いことだ。
ただし今回の件。まだ政府が要請しただけであり、実行はされていない。
肝心の中部電力は浜岡原発停止を保留している。
現在2基が稼働中であり、停止作業開始→冷温停止 まで週単位の時間がかかる。
それまでに地震が起こらないことを祈るのみだ。

本当に重要な情報は隠蔽される。
おそらく事態は切迫している。多分、時間がない。
間に合うか。

一刻も早く浜岡原発を止めさせることが必要だ。
そして、おいら達も備えと覚悟が必要かも。

下記の兆候。
地下水の専門家は東日本大震災の影響と考えているようだが・・・

城ケ島の源頼朝ゆかり岩清水「水っ垂れ」絶える、震災影響か…県調査へ
/神奈川

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110505-00000028-kana-l14

 ”三浦市三崎町城ケ島の県立城ケ島公園で、数百年前から枯れることなく湧き出て
 いたとされる源頼朝ゆかりの岩清水「水っ垂れ」が、突然止まった。地元住民や
 関係者からは驚きと戸惑いの声が上がっており、土地所有者の県は週明けにも
 調査に乗り出す。地下水に詳しい専門家は東日本大震災の地震で
 地層がずれた可能性を指摘している。”
 ”先月26日、見回りで訪れた同園職員が水っ垂れの水が止まっているのを
 確認した
記者も同行していた。3月11日に発生した東日本大震災後の
 同15日には水は流れていた
といい、職員の一人は
 「頼朝公にお願いするしかない…」と絶句した。”
 (抜粋、改行・強調おいら)


タグ:動画 企画 日本 東京 ニュース 電話 記事 選挙 ドイツ ケータイ ワンセグ 公園 高円寺 優秀 メール 渋谷 神奈川 評価 意見 経済産業省 経産省 デモ NHK TV 組織 民主主義 理解 対策 城ヶ島 内閣府 可能性 参加 グループ 御前崎 地下水 政治家 形跡 投票 事態 4月 南海地震 東南海地震 実感 活動 意識 職員 決断 首相 大臣 記者会見 必要 文部科学省 文科省 静岡県 突然 内閣 本気 経緯 団体 危険性 Twitter 中部電力 クラッシュ 源頼朝 国民 政権 国会議員 5月6日 議論 検討 特別 GJ 肝心 癒着 要請 記者 素晴らしい 正直 情報操作 実施 専門家 確実に 署名 関係者 絶句 不安感 4号機 不買 指摘 東海地震 実行 電凸 効果的 あり得ない 説得 放射能 M8 直接的 多分 官邸 兆候 時間がない 鶴の一声 民主党政権 記者団 首相補佐官 M9 三崎町 持ち越し 同行 Good job 菅直人 三浦市 浜岡原発 ないがしろ まさか 石清水 措置 狙い 支持率低迷 推進 投書 異例 失墜 拡散 人気取り 反転攻勢 細野 ツイッター 打算 稼働中 原子炉 間接的 朗報 国民審査 自民党政権 炉心溶融 働きかけ 週明け 保留 呼びかけ 地元住民 あらためて 苦肉の策 法制度 意思表示 一連 メルトダウン 信頼回復 踏み切る 強い意志 力不足 物色 突撃 第一報 頼もしい 中長期 防潮堤 事故対応 主権者 憂慮 海江田 グッジョブ 日本の将来 切迫 多勢に無勢 東日本大震災 おそらく 脱原発 粘り強く 震源域 言い張る 冷温停止 速やかに 浜岡原子力発電所 反原発 全基停止 運転停止 原子力委員会 地震調査研究推進本部 全面停止 原発推進派 音楽デモ 30年以内 87% 対応の不備 難しい判断 国民の安全 悩んだ上 しばし 手を休め 見入る 現実味を帯びる 考えられない 老朽原子炉 遅すぎる判断 原子力業界 甚だしい 即、安全 消え去らない 出力全開 遙かに良い 国政の場 押しかけ 努力の賜物 影響度 凸撃 想像以上に 権利を行使 上の策 次善の策 ダメな 叩いて修正 1つの姿 当てにならない 1万5千人 主催者発表 エコ街宣車 拡大の一途 作業開始 週単位 時間がかかる 地震が起こらない 祈るのみ 重要な情報は隠蔽される 一刻も早く 止めさせる 備えと覚悟 水っ垂れ 絶える 枯れることなく 湧き出ていた 驚きと戸惑いの声 土地所有者 調査に乗り出す 地層がずれた可能性

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。