So-net無料ブログ作成

人間は地球にとって良き存在なのか [安全対策]

福島原発/放射性廃液を海へ放出/東電
 最大濃度1000倍、1万1500トン

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-05/2011040501_01_1.html

 ”東京電力は4日、福島第1原発(福島県大熊町、双葉町)の集中廃棄物処理施設
 内で貯蔵している放射性廃液など合計約1万1500トンを海へ放出すると発表し、
 午後7時から開始しました。原子炉等規制法に基づく応急措置だとしています。
  放出されるのは集中廃棄物処理施設の放射性廃液約1万トンと、5、6号機の
 「サブドレンピット」と呼ばれる設備にたまっている地下水約1500トンです。
 5日かけて全量を放出するとしています。
  東電によると、集中廃棄物処理施設内で貯蔵している放射性廃液には
 放射性のヨウ素131が水1立方センチ当たり6・3ベクレル含まれています。
 これは、国が定める海水などの濃度限度、水1立方センチ当たり0・04ベクレルの
 157・5倍に相当します。また、セシウム134とセシウム137も
 同4・ 4ベクレルずつ
含まれており、それぞれ濃度限度の73・3倍48・9倍
 に相当します。
  5、6号機の地下水約1500トンに含まれる放射能濃度は濃度限度の
 100倍から1000倍
だといいます。
  東電は放出による影響について、近隣の魚類や海草類などを毎日食べ続けた
 場合、成人が受ける放射線量は年間約0・6ミリシーベルトと試算。
 一般人の年間被ばく線量限度1ミリシーベルトを下回るとしています。
 しかし、同原発周辺の海には既に大量の放射性物質が漏れ出しており、
 東電の説明に疑問の声が あがっています。

  集中廃棄物処理施設の放射性廃液を放出するのは、2号機タービン建屋地下
 などにたまっている高濃度の放射性物質の移送先を確保することが理由。
 5、6号機のサブドレンピットの地下水を放出するのは、いまのままでは建屋内に
 流れ込んで原子炉の安全確保に必要な機器を水没させる恐れがあるためだと
 しています。
  東電は、さらに、1、4号機のタービン建屋地下にある水についても
 海への放出を検討しています。1号機のタービン建屋地下の水は、これまでの
 分析によると通常運転中の原子炉水の1万倍の放射性物質を含んでいる
 とされており、東電が汚染度が低いと判断すれば、こうした水でも次々
 海に放出される可能性があります。

 (強調・改行おいら)

通常使われるkgベースでなく、gベースできましたかw
合算ではなく、個別に数値を分割するやり方w
数値を小さく見せようと必死だなw

こんなに汚染物質を垂れ流して・・・どうすんだこれ。
放射性物質を海へ放出20110404.jpg
これは放射性ヨウ素の値だけだろう?

 ヨウ素131:6300Bq/kg
 セシウム134:4400Bq/kg
 セシウム137:4400Bq/kg
を合算した、少なくとも
15100Bq/kgの汚染水1万tを低レベル汚染水として放出
するということだ。
1万t分での放射性物質の総量は151GBqになる。

これとは別に10000GBq/hという高レベル汚染水も漏れている。
炉心の1時冷却水が漏れているということは、
ヨウ素・セシウム以外に放射性のテルル・ストロンチウム・ウラン・プルトニウム
大量に流れ出ているということだろう?
しかもまだ流出は続く・・・。

もう太平洋の魚は安心して食えない。
茨城県北部で捕れた小女子から
500Bq/kg以上の放射性セシウムが検出されたという。

規制値超えるセシウム、コウナゴ漁自粛…茨城
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110405-OYT1T00840.htm?from=y10

福島県沖には
 太平洋南部を流れる暖流である黒潮
 太平洋北部を流れる寒流である親潮
の境目である潮目がある。

このような汚染魚が沖合の回遊魚に食われていく。
汚染は小魚に蓄積され、太平洋全域に広がる。

これらの汚染魚を食べる魚を食べる魚がおり、
さらにそれを食べる魚が・・・というように連鎖が続く。
最終的においら達は、汚染物質が十分に濃縮された
マグロやカツオ等の魚を食べることになる。

原子力専門家は、食物連鎖による生物濃縮に関しての知識はないとみえる。
それに通常の技術者なら まず考慮するバラツキの概念も欠落しているようだ。
全ての魚は計算通り、一様に等しく同じ汚染度であると考えているのだろうな。
いや、知ったうえで発表しているのかな!

福島第一原発近海で捕れた汚染魚は食べるべきでない。
暫定基準値は、あくまで暫定値だ。
 http://vektavekta.blog.so-net.ne.jp/2011-04-02
リスクを冒す必要はない。
現在も汚染は盛大に続行中で、
昨日安全だったものが今日安全だとは限らない。
もし食べるなら、線量計で1つ1つ個別に測定すべきだ。
安全と判断できたときだけ食べるようにする。
線量計が無いなら食べるな。
リスクがリスクだ。無作為抽出ではダメだ。
バラツキを考慮しろ。

風評被害とか関係ない。
漁師が生活できないなら国に賠償を求めればいいんだ。
風評被害を誇張して、いかがわしい汚染物を国民に買わせ、
損害賠償の額を減らそうとする国。
追従するマスコミ・・・。

終わってるな。
この国。


焦点:福島原発事故、損害賠償は前代未聞の規模に

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-20441220110405

 ”バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチは、福島原発危機が2年続いた場合、
 東電の損害賠償額は約10兆円に上る可能性があると試算している。
 これは最悪のシナリオだとしても、政府は放射性物質の外部流出阻止には
 数カ月かかるとの見通しを示しており、最終的に大きくかけ離れた数字には
 ならないかも
しれない。
  原賠法では、「異常に巨大な天災地変」による災害については事業者の免責を
 定めているが、法律専門家は、東電には少なくとも一部費用を負担するよう
 強い政治的圧力がかかるとみている。
  DLAパイパーの石川耕治弁護士は「天災免責の適用に関する前例はなく、
 東電もおそらく責任を免れないだろう。損害賠償の100%ではないだろうが、
 地震発生後数週間の失策を考えれば40─60%程度の補償に向き合わなくては
 ならないだろう」と述べた。”
 (抜粋、改行・強調おいら)

東京電力の支払額は原子力損害の賠償に関する法律」(原賠法)により
1200億円を超えることはない。残りの補償は政府が行うことになる。
つまり、おいらたちが10兆円近い税金を支払うことで
無責任な東京電力の尻ぬぐいをするということ
である。
これから大増税が待っている。


おいらが生息する群馬でも死の灰が降った。

ただ、その量は今のところ同じ関東近県の中では少なく済んでいる。
少し除染処理をすれば住み続けることができると思う。
水質も落ち着いてきて、もうすぐWHO基準の1Bq/kg未満に
落ち着きそうだ。

だが、原発付近の高汚染地域の人はどうか。

おいらは先祖より受け継がれた土地に住み着いている、
土着民である。
おいらは自分の家が大好きだ。
故郷が大好きだ。

だから故郷を追われるハメになった福島第一原発
周辺の人々の気持ちは よく分かる。

 

原発推進派・容認派の人たちは、
きっと借家住まいの人が多いんだろうな。

汚染されたら引っ越せばいい。
だから汚しまくって、たとえ日本全土が汚染されたとしても
他国に引っ越せばいい。
根無し草は無責任だ。

持ち家住まいで推進派、という人は、
 よほどの諭吉持ちか、脳みそがダシ入りのお味噌
であるかどちらかだ。

自分には影響ないので問題ない。
海が汚染されても海産物を食べなければ良い。問題ない。
土地が汚染されたら引っ越せば良い。問題ない。

・・・それでいいのか?
そんなことをしていて、
神や仏や天や宇宙の摂理が許してくれるとでも?

おいらは無神論者である。
神も仏も信じていない。
信じているのは自分の力。
だが、もし神が存在するのだとしたら、人間を作った理由は、
 地球を より良い状態に維持管理するため
であろうと思っている。

地球自体が巨大な生命体であるという説がある。
人間は地球にとって、
良き存在であるか。
悪しきガン細胞であるか。

どんなに自然を汚染・破壊してでも、自分の愉快な浪費生活を続けたい。
そんな根性では、
それこそ人間は天罰で滅ぼされるだろうよ・・・。

 

↓もしかして、これが天罰かな?

ベテルギウスの最期:超新星の兆候とその威力
http://d.hatena.ne.jp/active_galactic/20100213/1266065518

2012年頃に爆発するっぽい。
この時に発生するガンマ線バーストがヤバイ。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%B3%E3%83%9E%E7%B7%9A%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88

オゾン層が5年程度消失し、
通常地表に届かない有害紫外線が降り注ぐ。
地表の生物の大量絶滅の引き金に。

人類は、浪費や戦争ばかりせずに
こういう天災に備えないと・・・。


2011-04-09 訂正 「有害紫外線や宇宙線が」→「有害紫外線が」

 


タグ: 宇宙 マスコミ 事故 爆発 マグロ 黒潮 太平洋 戦争 福島 統計 概念 安心 放出 引っ越し 茨城 地下水 カツオ 先祖 大好き 設備 オゾン層 浪費 ガン細胞 濃縮 マスゴミ 技術者 漁師 前代未聞 宇宙船 故郷 人類 金持ち 損害賠償 WHO 海産物 水質 天罰 偏向報道 情報操作 東京電力 専門家 確保 ウラン 大増税 机上の空論 無責任 阻止 年間 補償 脳みそ 自粛 風評被害 東電 試算 原発 小魚 分散 引き金 潮目 放射能 水没 超新星 兆候 ベテルギウス ヤバイ メリルリンチ 2012年 バラツキ 問題ない 安全確保 考慮 諭吉 魚類 威力 コウナゴ 双葉町 線量限度 食物連鎖 摂理 広がる 100倍 海草 回遊魚 信州一 マルコメ 影響ない 誇張 均等 プルトニウム 原子炉 北部 高濃度 最悪のシナリオ 応急措置 合算 歪曲報道 明日は明日の風が吹く 全域 10兆円 垂れ流し 尻ぬぐい 第一 親潮 数ヶ月 推進派 小女子 海へ 根無し草 1000倍 次々 大量絶滅 被曝 貯蔵 廃液 関東近県 無神論者 死の灰 セシウム137 被ばく 放射性 日本全土 大熊町 ヨウ素131 セシウム134 1mSv 下回る 暫定規制値 テルル タービン建屋 線量計 ストロンチウム 最大濃度 1万1500トン 11500t 集中廃棄物処理施設 原子炉規制法 サブドレンピット 6.3Bq 0.04Bq 157.5倍 4.4Bq 73.3倍 48.9倍 濃度限度 毎日食べ続けた場合 0.6mSv 漏れ出し 大量の 周辺の海 疑問の声 移送先 1万倍 汚染度 どうすんだこれ ギガベクレル 15100Bq/kg どこが低レベルだ 151GBq 10000GBq 1時冷却水 食えない 500Bq/kg 汚染魚 一様 机上の計算 リスクを冒す 盛大に 個別に測定 無作為抽出ではダメ 国に賠償 いかがわしい 汚染物 追従する 外部流出 原倍法 原子力損害の賠償に関する法律 1200億円 10兆円近い税金 除染処理 1Bq/kg未満 落ち着きそう 高汚染地域 先祖代々 土着民 追われるハメ 容認派 借家住まい ダシ入り味噌 タケヤ ハナマルキ それでいいのか 自分の力 信じているのは 人間を作った理由 より良い状態に維持管理するため ガイア仮説 良き存在 悪しき存在 愉快な浪費生活 そんな根性 滅ぼされる ガンマ線バースト 5年程度消失 有害紫外線 地表の生物
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。